ご案内(Information)

戻る

 
 今週の暗証聖句
(8月13日から8月20日) 
  「そこで、まず初めに、ここことを進めます。すべての人のために、
  また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、
  感謝がささげられるようにしなさい。」       (テモテへの手紙第一 2章1節)
 
 
 
  ★ サマー外部講師 (ご期待ください)
    第一弾 20日() 10:00から11:30
         講 師浅海 幸弘師シオン・キリスト教団 協力牧師)
        テーマ検討中です

          
    第二弾 27日() 10:00から11:30
         講 師山守 博昭師宣教教会牧師)
         テーマ検討中です。




  白根福音教会の教会案内 PDF Downlord




で表示する
 
教会テーマ
お知らせ
集会案内
 牧師紹介
ようこそ!
交通アクセス
教会の沿革
よくある質問
リンク
白根ひろば
お問合わせ
 日本福音キリスト教会連合
 
宗教法人

  
白根福音教会 
     
Shirane Evangelical Church
 





                                                  
   
     
白根福音教会は、日本福音キリスト教会連合に属するプロテスタントの教会です。 
 
      
PBA ライフライン 協力教会 【TVK 42ch (神奈川)毎週日曜日午前8:30から9:00
      
 白根福音教会は、1956年6月に極東福音十字軍(現在のセンド国際宣教団)のスワンソン宣教師によって、横浜市保土ヶ谷区鶴ヶ峰2丁目の自宅で、単立白根福音教会として産声を上げました。
その後、久能木昭夫師が初代牧師として35年間牧会をされ、二代目に坂本信正師(4年間)、
三代目に倉嶋聡生師(10年間)に続き、2013年4月より山口康友師が牧会にあたられています。
2007年に日本福音キリスト教会連合(JECA)の加盟教会となり、2009年には宗教法人の認証を
取得しました。
1962年に現在の場所に第一次の会堂を献堂、1983年に第二次会堂そして2004年に現在の会堂を
献堂しました。
 
   白根のひろばは、白根福音教会の教会員専用ページとなりますので入場には、
 
パスワードが必要です。 右のロゴ「白根のひろば」をクリックしてください。
 
          白根福音教会に対するご意見ご質問は、こちらまで。    お問合わせ      
              Copyright(c)2005 Shirane Evangelical Church  This page created by Kimura 
 最終更新日 2017年 8月 13日

     当教会は、プロテスタントの聖書主義の教会です。ものみの塔、モルモン教、統一教会(世界平和統一家庭連合)等とは
    一切関係がありません。これらの異端と呼ばれる団体でお困りの方はご連絡ください。
 
機   関  名 主 な 内 容
  日本福音キリスト教連合(JECA)  白根福音教会が所属している福音団体です。
 聖書宣教会   超教派のキリスト教神学校です。
 高校生聖書伝道協会(hi-b.a)  高校生への聖書伝道機関です。高校生ならば誰でも参加できます。
 キリスト者学生会(KGK)  大学・短大・専門学校に属する福音主義プロテスタントのクリスチャン学生の集まりです。
 クリスチャン新聞  キリスト教の新聞及び書籍出版です。
 いのちのことば社  キリスト教関連の出版社です。
 財団法人太平洋放送教会(PBA)  キリスト教のラジオ・テレビ放送局です。
毎週日曜日午前8:30からTVK(42ch)で放映中。
 三浦綾子記念文学館  「氷点」、「道ありき」など数多くの著作で有名な三浦綾子さんの北海道旭川見本林にある記念館です。
 富弘美術館  水彩の詩画を通して生命の尊さ、やさしさを語りつづける星野さんの作品を一堂に公開する美術館です。
                              (みどり市HPより)
   白根福音教会に安心してお出かけいただくためによくある質問
  教会へ行って話を聞きたい気もしますが、ちょっと不安です?
   教会は、強引な勧誘は致しません。出入り自由です。
     特に、第四日曜日は、初めての方を対象にした分かりやすい話をしております。  
  
  聖書や讃美歌を持っていないのですが?
  教会に備え付けの聖書や讃美歌があり、どなたでもご自由にお使いいただけます。
     また、希望があれば購入もできます。     
  身体が不自由なのですが、大丈夫でしょうか?
  足のご不自由な方のために、会堂にはエレベータがあり靴のまま入場できるようバリアフリーとなっています。
     耳のご不自由な方のために、ワイヤレスヘッドフォンを準備しております。            
     目のご不自由な方のために、点字聖書を準備しておりますので、お気軽にお越しください。
  小さな子ども連れですが?
   乳児や就学前のお子さんとは”親子礼拝室”で、礼拝することができます。
     また、小学生以上は、大人の方と一緒に礼拝をしております。  
     
    【電車】 相鉄線 鶴ヶ峰駅北口 徒歩約10分

    【バス】 鶴ケ峰バスターミナル 相鉄バス乗り場  
        系統:旭11 行き先:西ひかりが丘
中山駅
        系統:旭12 行き先:旭台        
       
       JR中山駅
  相鉄バス乗り場
        系統:旭11 行き先:鶴ヶ峰駅(約30分)
     
      
共に「白根アパート前」下車(鶴ヶ峰駅からは1つ目の停留所)
 
   「おはよう」と新しい一日が与えられます。
  「天の父なる神さま」と祈りが始まります。
  「アーーメン」と力強く祈りは放たれ、
    イエス・キリストを通して神さまにささげられます。
  「いただきます」「おいしいね」と笑顔があふれ、
  「ごちそうさま」とすべてに感謝をささげます。
  「こんにちは」と今日の出会いが生まれます。
  「わかった!」と生きるヒントが生まれます。

  「生きている?」「いい青空ですね」「お疲れは取れましたか」
  「大丈夫ですよ」「神さまを賛美しましょう」「いいですよ、がんばらなくて」

  「あなたに神の祝福がありますように」と、幸いが宣言され、
  試練の中にも「平安がありますように」と、安らぎが宣言されます。
  白根福音教会は、こんな教会です。生きるためのことばにあふれる神の家族です。
  どなたでも、お越しをお持ちしております。
  「神さまがあなたとともにおられますように」
  私たちはイエス・キリストを生けるまことの神として愛しています。
「」
    私は、1989年春 31歳の時にキリスト教信仰を持ち洗礼を授けられました。
   40歳で神学校に入学し、44歳で卒業。
   2013年に白根福音教会牧師として就任。
   1958年東京都大田区に生まれ、現在59歳、一男、一女の父です。
   どうぞよろしくお願いいたします。

    白根福音教会はとても家庭的で温かい教会です。どなたもお出かけください。
    幼稚園生でも小学生も、中学生も高校生も青年も壮年も女子も夫人もみな一緒に
    神さまを礼拝しています。 赤ちゃん連れでもご遠慮なくお出かけください。

    牧師へのご相談、ご質問はこちらまで。 電話045-953-9995   
お問合わせ
 
 主日礼拝  毎日曜日  午前10時からから11時30分
 教会学校・青年会  毎日曜日  礼拝後(午前11時30分から12時)
 各会(女性会、アルファー会、新来会者会  毎日曜日  礼拝後(午前11時30分から12時)
 聖書と祈り会  毎水曜日  午前10時30分から11時45分
  聖書を読む会  第3火曜日  午前10時30分から12時
 牧師との個人的な話し合いなど  随 時  ご連絡くださ ☎045-953-9995
 各集会の内容
 主日礼拝(日曜礼拝)  牧師の語る聖書のメッセージに耳を傾け、賛美を歌い、共に祈る、神さまの恵みの
ひと時です。 お子さまとの来会も歓迎します。 
   主日礼拝後の各会 (11:30から12:00)
 教会学校・青年会  幼稚園生から中学生および高校生を対象に聖書を学んだり賛美したり、時にはゲーム、
食事会もあり、楽しいひと時です。
    中高生の特別イベントの楽しい予定はこちらから     Facebook
 新来会者会  教会について、聖書についてまだ良く分からない方、初めて教会に来られた方々を対象とし、牧師を囲んでの気楽な集いです。
 女 性 会  婦人たちが聖書やテキストを基に学び、時には日常の事柄について語り合い励ましあっています。
 アルファ会  年齢・性別に関係なく、和やかな雰囲気の中で聖書の基本的な学びや自由な話合いの場です。
   その他の集会
  聖書と祈り会  聖書を学び祈り合うひと時です。なお、8月は休会となります。
  聖書を読む会  「聖書を読む会」発行のテキストを用いて聖書を共に学ぶ会です。初心者の方も歓迎です。
               (
開催日時についてはお問い合わせください)
歓迎!礼拝 PDF Downlord

 白根福音教会 2017年度テーマ(主題聖句) 
   リ「   「イエスさまに『はい』とこたえる」

  『それから、イエスは群衆を弟子たちといっしょに呼び寄せて、
  彼らに言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、
  自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。
  いのちを救おうと思う者はそれを失い、
  わたしと福音とのためにいのちを失う者はそれを救うのです。』

                          
(マルコの福音書834-35)